Powered by SmartDoc
ENGLISHJAPANESE

sumibi.el(STABLE)

$Date: 2006/11/23 01:48:55 $
Kiyoka Nishiyama
http://www.sumibi.org/

[Sumibi][sumibi.el(STABLE)][SumibiWebAPI(STABLE)][sumibi.el(testing)][SumibiWebAPI(testing)][SumibiServerSetup][Q&A][PrivacyPolicy][sumi][sumiyaki][RomajiTable]

このドキュメントについて

このドキュメントは、sumibi.el 0.6.0についての解説です。

sumibi.elの特徴

インストール

  1. sumibi.elをEmacsのロードパスにコピーします。

    Emacsのロードパスを調べるには、Emacs 起動後、 M-x describe-variable で変数説明コマンドを実行し、変数 load-path を指定して内容を調べてください。

  2. curlをインストールします。

    ほとんどのディストリビューションで curl コマンドがサポートされています。

    以下のディストリビューションでは curlが標準でサポートされていることを確認しました。

    httpsプロキシーサーバーを使用するには以下の例のように環境変数を設定する必要があります。

    export http_proxy=http://your.proxy.server:8080/
    export https_proxy=http://your.proxy.server:8080/
    
  3. .emacsに次のコードを追加します。
    (load "sumibi")
    (global-sumibi-mode 1)
    

    ※変数 sumibi-server-use-cert を nil にするとSSL証明書を利用しなくても通信できます。但し、この設定ではSumibi Serverとの通信の安全性が低下しますので、sumibi.orgで提供しているSumibi Serverを利用する場合は、SSL証明書を利用する事をお勧めします。

  4. Emacsを再起動し、Emacsのモードラインに"Sumibi"の文字が表示されれば成功です。

  5. Meadowをお使いの場合は、次の環境変数を設定が必要です。

    パス名はそれぞれの環境に合わせて読みかえて下さい。

    cygwinではなく Windowsの環境変数に設定してください。そうしないとMeadowに環境変数が渡りません。

    [環境変数] [設定値] [設定値(二つ目のパターン)]
    SHELL c:\cygwin\bin\bash
    PATH $PATH;c:\cygwin\bin c:\cygwin\bin;$PATH

    環境変数にcygwin\binを追加したくない場合 カスタマイズ変数 sumibi-curl を /usr/bin/curl などに変更してください。

キー操作

変換

  1. 基本的な使いかた

    Emacsのモードラインに"Sumibi"の文字が出ていれば C-jキーでいきなり変換できます。

  2. '/'記号で変換範囲を限定する。
  3. .hと.kメソッドでひらがな・カタカナに固定する。

候補選択

  1. とにかく候補選択を開始するには
  2. 文章の途中から候補選択を開始するには
  3. 候補の順送り
  4. 候補選択キー操作一覧
    第一のキー操作 第二のキー操作 アクション
    C-m 候補選択確定
    C-g q 候補選択キャンセル
    C-b b 前方の文節に移動
    C-f f 後方の文節に移動
    C-a a 最初の文節に移動
    C-e e 最後の文節に移動
    C-j space 次の候補に切りかえる
    C-n n 次の候補に切りかえる
    C-p p 前の候補に切りかえる
    j 漢字の第一候補に切りかえる

変換のコツ

対応環境

カスタマイズ


CC-GNU GPL SourceForge.jp